にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

大人のピアノ再開組🎹

昔に初心者に近い初級で挫折したピアノ🎹。島村楽器ミュージックサロンのピアノで再開。

16回目レッスン🎹その1 徒然なるまま

音楽は、音を楽しむと書く。
ミュージックサロンは、字のごとく。

レッスン中。疑問に思う事は、説明してくださる時に。率直に聞いてみたりする。納得して積み重ねていきたいという気持ちもあるし。わかってないのに、わかったフリとかって。
お互いにとって不幸な気がするから。

会員さん、100人いれば、100通りくらいの各自の目標とか、それぞれだと思うし。オリジナリティーのミュージックサロンレッスン。
先生は、コミニケーション重視のレッスン方針なのかな。そんな気がする。
だから、何でも言いやすい、聞きやすい雰囲気の空気あるし。

食い下がる質問とかにも、嫌なそぶりせずに、かみ砕いて説明しようとして下さることは、本当に、感謝。

守破離、という言葉。習い事とかによく大切な教訓として言い伝えられてるというか。
まずは、守、の段階なんだよね。

真似。学びという意味にかけて、真似び。

私は、というか、同門下の人たちの多くが思っているような気がするんだけど。😆。

👇

こういう風に弾きたい、表現、音の粒、音色、リズムというか音の奏で方や捉え方、ソロのに限らず、アンサンブルにも長けてる所とか。とか含めて。
こういう風に弾けるようになりたい、というリスペクト出来る人に習えてる。
これって、かなり運がいいと思うし。

守破離の、守、ってさ。。真似から入る型、真似び から積み重ねていく学び。
これって、真似しよう、というモチベーションがないと成り立ちにくいかも。

レッスン中、必要な技術であったり、スローガン100個言われるより、1個の実技とか、事実のほうが、伝わってきたりってある。

例えば、1分くらいのデモ演奏。難しい曲とかじゃなく。まさに私が今、やってる初級教本とかの課題とか。
主に、ペダルを中心に撮影してる。

どうしてか?

ペダルの経験値が低いから。1度、きよしこのよる、という3つのコードくらいの簡単な伴奏形の曲で、
それをバイブルにしてペダル練習してたんだけど。

左手が複雑なリズムとかになると。ペダル踏んで離す、が、ガチャガチャになった。自分でもわけわからん!

前回のレッスン終わり、先生から。
私の現在の優先順位は、極論言えば、手はいいから、足だ、となった。ペダル。

自分でもペダルが大苦手とかになると。それまでの、解釈や、表現のために積み重ねてきた、作り上げてきた曲が、命取りになる。ガチャガチャになる。

という動機から。

ペダル練習、ピアノ 触ってない時間でも何とかしなければ!の危機感強く。
楽譜と、先生のデモ演奏、足の踏むタイミング映像を、横並び、にらめっこしながら。その場で、私も足動かす。

これが、モグラ叩きゲームのモグラみたくズレてしまう。最初はいいのに、途中から狂う。一度、きよしこのよるで、マスター出来た!と超喜んだという経緯がある。いつのレッスン記録に書いたかなあ。

それなのに、また、わけわかんないとなった事は、悲しすぎて😭

give up しそうになるくらい。心の骨折しそうなくらい。

頑張る💪か、、言いまくる? 書く事で。自分で自分を鼓舞してる側面があるんだけど。今回は、切羽詰まった。ホントに、そんな思考してる時間を、
足の実技のお時間にしたほうが良い。

🎹今日、16回目レッスンにて。

「 ペダル、ホントに良くなりましたね〜(^^) 。きっと、いっぱい練習頑張ったんですねー。」

この2行分の声かけ、だけで。救われた心境。感謝。

続く