にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

大人のピアノ再開組🎹

昔に初心者に近い初級で挫折したピアノ🎹。島村楽器ミュージックサロンのピアノで再開。

同門下にて、尊敬する生徒さん。初めてお話出来て(๑˃̵ᴗ˂̵)。

明日は、長距離🚘🚙 ➕  新幹線🚄🚅  で。

朝何時出るようだろう、午前4時半くらいかな?  

朝イチからの他県での式に参列予定。

日帰り予定だけど。

 

🎹に触る余裕はないな。(^◇^;)

 

だからとかじゃないけど(^◇^;)

本日も、いつものごとくレンタルルーム。

ちなみに昨日のレンタルとかは記事にしてないけど。

本日、90分 +120分  と書きたいとこだが。

後半にドラマチックな展開が😆  あり。

90分➕ 90分  って感じかな。

 

ミュージック ✳︎サロンの受付前には、椅子が5脚くらいあるんだけど。

まず前半、左の椅子に、kさんが(๑˃̵ᴗ˂̵)。

この方こそ、子犬のワルツ段階までを独学で勉強🎹されてきた生徒👩‍🎓さん。

普段の練習取り組み方とか、フルートとの両立することへの考え方とか。

 

😆アハハ🤣  そうですよー(^^)、って。

とても明るい(๑˃̵ᴗ˂̵)対応してくれる優しい!

 

コンクールに向けてとか、発表会とかへの、楽しみながらもストイックにしている考え方とか。

すごく、ざっくばらんにお話をしてくれた。

 

話しながら、昨日の記事とかにも書いたけど、音楽とかを頑張ってきてる人特有の思考を感じたし。

   お話しながら、非常に頭の回転速い、聡明な印象を受けた。

  そして、方針決めたらビシッとやりきる!  芯の強さを感じた。

カッコいい!

おっと、ちなみに女性だ。😅

 

🎹の神様に感謝!って思った。

そうこうしてる時に。別の部屋から、Tさん登場。右の椅子へ。

わおー、夏の発表会で、先生との連弾で、上級同士の楽譜に感じる、迫力ある演奏。

当時の7月の発表会記事に書いた記憶ある。

ラフマニノフとか弾いた女性🧕。

同門下の中で、一番弾ける方!という印象がある。

 

左の椅子に、kさんが,

右の椅子に、Tさんが。

 

という環境になり、とても嬉しいです😆。

 

 

お二人とも、フルートレッスンの日だったようで、銀色に輝く楽器のお片づけをしながらの光景。

フルートと🎹の練習取り組みの、時間配分とか、思わず聞いちゃったけど。

それぞれ、しっかりした考え方で取り組みしてるんだなぁと思った。

 

7月入会で、その時は入門楽譜からスタートしましたとか。発表会見に行ったとか、そんな自己紹介兼ねて話しながら。

 

  無謀なチャレンジなんですが、妹が姉ちゃんに憧れる、のと似た感覚で。

  私も、これに出る❗️  と言ったんだ、とか。

 

これというのは、お二人が出場された舞台のことだけど。

 

この舞台は、譜読みが3ヶ月しかないとか。

それは、課題曲発表が、3ヶ月前なんだよとか。ミスできない、加点方式ではなく、減点方式で行われるとか。

この時点では、もう1曲も準備してないと間に合わないとか。

時期的にだけど、ユアステとの両立は、可能とか。

 

それから、お二人同士で、今年はどうするの?とか、のお話もされていて。

もうホントに、建設的な思考での、濃い🎹談義で。ワクワクした。

 

レンタルルームは。いま自宅🏠の暖房故障していることも、大きな動機だけど。今日は、比較的暖かいから。家だけにしようかな、とか思ってたりしたけど。

出向いてきて正解だったな。😆

 

挨拶程度とかじゃなくて。

まあ、私は私で人とコミュニケーションをとることが、結構好きなんだけど。

それで、自分としては、🎹こう取り組んでて、とかを本気で話したこともあるんだろうけど。

 

kさんが、ご自身の🎹暦とかを、ご自身で語り始めてくれて。

今まで使っていた最初の鍵盤数が44とか、それから、鍵盤数がいくつになって、そしてやっと88鍵になり。とかからお話してくれて。

そして、いま自宅にある楽器は  …とかも。

  

自宅の🎹が、チェンジしてから、の心境変化とか、弾き方変化とか実感されてるそうだ。

これは、勇気もらった。

 

これは、直接に、先生に確認したことはないが。(^◇^;) 

もし、私が教える側の立場だったらば。

kさんのこと、すごく教え甲斐がある、と感じる。

、素直さと、頑張り屋と、芯の強さと、🎹を楽しんでいこうとする信念、を、リスペクトしたくなる。(๑˃̵ᴗ˂̵)。

 

新年最初の🎹の神様からのプレゼント🎁だった日だな(^^)。感謝。

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

この後の練習で。

 

クレメンティー ソナチネ Op.36 No.1  からの、第1楽章と、第3楽章を両方譜読みで進行していたんだけど。

この後の練習では、第1楽章のみを繰り返した。

それが、さっきまで🎹談義していて、感じた事柄でもある。

 

発表会曲も、繰り返ししてる。

 

悠々塾初級編からは。いま抱えてるのは、ショパンの別れの曲編曲だ。これも、さらう。

悠々塾、あと2曲になるから、それをいつやっていくか? ソナチネと並行して、とか思っていたが。思いのほか、ソナチネ譜読みの段階までを、まだまだな感じで。

とても、悠々塾新曲手を出す余裕なさそうだ。

 

カバンの中に、本たくさんになったらから。

悠々塾初級編と、バーナム1巻、終われば。あと2冊減るから😅  とかは、思ってみたりもするんだけどね。

 

ハノンは、出来てないな😅  

ハノンで24調やっていくと聞いたから。どんどん20番まで進み。そして24調をやるページまで到達したほうが良いんだろうなと感じてるから。やらなくちゃ!とかは思う(^◇^;)。

 

バーナムは、2つずつくらいかなぁという受け止めになってきていて。もしそのペースだと、1巻終わるまでに、まだ日数を要する計算になるか。

 

今日、kさんとかとお話できて。

1冊のコンプリート!という考え方ではなく、クオリティの高い、という考え方なのだと感じた。

私は目の前に1冊あると、🥕ぶら下げた馬🐎🐴みたいな、単細胞行動になりがちだ。

30級から、29.28.27と、どんどん合格💮目覚せ!みたいな。

 

今日、お話の中で。自分で自分の首絞めないほうがいいと思う!と言われて。

すごくドキとした。

 

教則本をどんどん進めてのやり方ではなくて、曲とかで、学ばれてるのだな、と。教えてもらい。

それは、カリキュラムは、本当に人それぞれだから。私はいまの自分の現状を良し!としてるけど。

昨日の記事に書いたみたく、ソナチネを3楽章までを持参して!とかを1ヶ月!でクリア!とか、そういうやり方ではなく。

本当に曲とかを。きっちりクオリティという印象だ。

 

同門下。そういう意味では、クオリティを重視するという方針のほうが指導方針に合致すると思う。

  

🎹カバンの中に、こんなに複数冊の本で、あっちこっちとかよりも。いや、別に複数冊でもいいんだけど、目の前の料理食べかけのまま、あっちこっち、食い散らかすみたいなことを、推奨されたことは一度もないし。

 

広く浅く!は、反対されることのほうが多い印象。

 

とかが、頭をよぎり、

第1楽章のみを!  にちょっとしてみた。

 

密かに目標にしていて、凄いなぁと思っていた人と、会話できて。

あー

やっぱり尊敬に値する人だなぁ(๑˃̵ᴗ˂̵)って思い。

 

リアル現場で。🎹への情熱ほとばしる人と

お話出来たことは。

本当に嬉しかった。