にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

大人のピアノ再開組🎹

昔に初心者に近い初級で挫折したピアノ🎹。島村楽器ミュージックサロンのピアノで再開。

発表会の観戦もとい鑑賞。

正式入会した頃だったかな❓ 今月末に発表会があるって教えてもらって。もし良かったら^ - ^ってお声かけいただき。
会場も、この大型ショッピングセンターの中にあるホールとの事だったので。 参加者じゃないんだけど、観に行きたいな^ - ^、って。

開場、開演から。終幕まで。休憩2回挟みながら、盛りだくさんを、4時間全部。👀 👂

サマーコンサート というネーミングだったよ。そして、同じく 日程振替など出来るミュージックサロンのシステム。フルートサロンの会員さん達と合同。

今まで、フルート楽器は、吹奏楽部とかの人たちが、練習してるシーンを見た事あるくらいだった。

あとは、最近、ここの支店のホームページとかに。リンクしてる ピアノとフルート。または、バンドの中にフルートで、メロディーとかのyoutubeを見る機会は増えたけど。

会場入りして。客席とかで、皆さまフルート練習してて、圧倒された。なかなか、今までの人生で、20台? 以上のフルートに囲まれる機会はなかった。

フルートのソロ発表も沢山あった。けど、月に1度は合同練習? してるというアンサンブル発表が、圧巻だった。

27人
内訳は、ピッコロ2人、アルトフルート1人。バスフルート1人。普通のフルート23人。

映像や音声は、撮影してないし、仮にしてても。確か、個人で撮った映像は。ネットにアップとかは、入会規則に禁止、とあったし。アップ出来ないんだけど。
https://youtu.be/kxj3XoxYFyY

追記。2018年8月19日 youtubeにアップされてましたので。追加。


✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

既に公式youtubeに載っていたので。先生が何役もやってる映像。

アンサンブルでの発表会曲も、この宇宙戦艦ヤマトだったよ。凄く素敵^ - ^だったよ。


youtu.be


もう一つ、フルート絡みの話しから。
ソロ演奏とかでは、ピアノ🎹伴奏がつく。その伴奏は、普段習っているインストラクターの先生と。
たぶん、普段スクールの生徒さんを担当してるピアノ講師の先生が分担してやっていた。

分担しなければこなせないくらい、1人あたり10曲以上だった気がする。

フルートの初級と上級の違いとかは、私にはわからないと思っていたけど。
プログラムの後半のほうにあった、フルートのF先生と、生徒さんの2重奏?アンサンブル? は。
魂込めるって、こういう事なんじゃないか、と思うくらい。身体で、吹いてた、感じがした。

これは、フルートでも、ピアノ🎹でも。ピアノも、後半プログラム、恐らくエース級の生徒さんと、先生との連弾。
ここも、凄く盛り上がり。これは、先生側から見ても、プールでいう選手コースの人との共演だから。
演奏家としての血が騒ぐとか、本能的にボルテージ上がるのかも。

フルートのエース級?の生徒さんと。インストラクターのF先生で。
マダムバタフライ奇想曲



ピアノのエース級の生徒さんと。、
インストラクターのH先生。
ラフマニノフだった。ワルツ と、スケルツォ

その連弾や、アンサンブルとかを目の当たりにして。この発表会の目玉だったのかもしれない。とても、ワンダフル (^^)


最初にプログラム目にした時。
大地讃頌 が目にとまる。ピアノ。
この曲は、少なくても私の中学生時代から合唱の有名な曲だし。恐らくいまの学生さんたちも、課題曲だったりすると思います。

プログラム名前に男性だったから。どんなかなと思っていたら。現役の制服着た学生さん。男の子。

いやぁ、良かった。フォルテ中心な気もしたけど。
あ、ペダルは、ローファー靴👞脱いでペダル踏んでた😆。それでも、かっこいい演奏。

うん、終わったら、スタンディングで拍手👏しようかと思うくらい。

あと、自分が、ピアノなので。ピアノに注目する率が高かったけど。フルート伴奏してたスクール講師の先生が、、グランドピアノのペダルを、左右両足で踏んでた。
最初見間違いか? と思ってしまった。
3本あるペダルって、2本同時に踏む事もあるんだね。生まれて初めて知った。

あと、様々な人の、ペダルの踏み替えの秒速みたいなものを、体感したくて。

会員さんたちは、同門下になる訳で。未来予想図として、憧れとリスペクトで 聴き入った。

TSUNAMI は、音が素敵だと思った。もう一度聴きたい、と言いたくなるような。

part of my heart A.メンケン
この方は、この曲が、とても好きなんだろうなと思って。実にいい姿勢で演奏されていたのも印象的。

平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 という曲は。

もしかして、ミスタッチとかあったのかもしれないけど。私は、この曲の楽譜知らないので、わからない。止まってしまったように感じだ私の方が、間違えてルカもしれない。

ただ、この曲、あゝ、いい曲だなぁと感じた。あれ? 私は、バッハが好きなのかな? とかまで思ってしまうくらい、この曲、好きって感じた。

弾き終えた男性会員さん。高揚感か、紅潮 で、客席に戻ってきた姿が印象に残ってる。達成感 が、他者に伝わってくるような気がした。

合計40曲 くらいの中の、ほんの一部しか書いてないけど。どの曲も、この日までに積み重ねた努力があるので。そういう時間を経て舞台に立った事実、が、尊いと思って。

個人レッスンだから、日常では、同門と言えども、音楽の様子とか気持ちとかまでは、わからないんだけど。
ミュージックサロンは。大人が対象だから。
私と同世代か、或いは、もっと上の方々も多くいらした気がした。心強い。

お洋服は。 想定内というべきか。発表会仕様にお揃いにしたり、浴衣や、まさかのJKの制服姿の女性陣 ほぼ私と同世代の女性たちの制服姿。素晴らしい勇気だ。あと、その制服がそのままのサイズで着用出来るというところも、ブラボーだ。

そういうユーモアの他にも。皆さま、この日のために
準備されたお洋服多かった。


年間に、2回くらい発表会あるらしい? のかな ?

プログラムの曲目だけみたら、私は判断つかないけど。 聴いてみたら、みんな上手かった。


先生たちの、ご準備も、相当大変だと思った。全員への、1人1人の舞台での成功をサポートする指導や、。
生徒さんとのアンサンブルや、連弾などで、20曲とか軽く超えそうなくらいの担当する曲の準備や、。

余談だけど。ピアノの音、明らかに、あきらかに生徒とは違う 粒、音、響きだ。恐らく会場にいた全員そう感じたのではないかと思う。
羨ましい。どうやれば、あの、粒、音、響き、表現、になるんだろう。
小さい頃からの🎹、鍵盤楽器といっても、複数あるけど。小さい頃の楽器は何だったのか? やはりグラントなのかな。いつか伺ってみたい。

さて、20曲以上の伴奏担当抱えて、そうした上で。
講師演奏。 フルートと、ピアノのアンサンブル。
この組み合わせの、アンサンブル、youtubeにも沢山アップされてるし。とても素晴らしい演奏多くて、ワクワク。

ビゼー作曲。、ブルーススターク編曲 そして、先生たちの編曲つき

という ハバネラ♪
カルメンのハバネラが現代曲風にアレンジ。


良かったです〜(^^)。

『ハバネラ(カルメン) / G.ビゼー 』 島村楽器日の出店 フルート・ピアノによる生演奏 ブルース・スターク Habanera/Carmen/G.Bizet/Bruce Stark


↑ アップされました^_^。 追記です。

このハバネラだけは、後日、youtubeとかにあらためて、アップされることを願いながら。

ちなみに、何年か前の講師演奏は、別の曲だけど。
⬇️
youtu.be
https://youtu.be/ns_9SrzAKqI



どんな有名な演奏家のコンサートよりも貴重だと思うのは。同門下の会員さんたちの演奏って。なかなか聴く機会ないだろうから。
この、サマーコンサートに行くことが出来て、幸せでした。

本当は1つ前の記事が、愚痴っぽくなっちゃつたんだけと。、
このサマーコンサートの後の茶話会? とかも、羨ましい企画だった。

大人からの初心者の方々や、再開の方々で。

頑張ろうというパワーと。
上手く出来ない事柄が、1つか2つなら逆に向上心でいけても。
4つくらい重なると。

あれ、そっか。もしかして、やっぱ 無理か、、、、(涙)

が、浮かぶ瞬間は、あるのではないかと思うから。


大人のみの、発表会というのが、ミソですねー。

そして、恐らくは、フルートも。ピアノも。
このミュージックサロンというシステムは、大人の生徒のみだから。
ジュニアのほうが未来がある、という多くの人の共通語が、飛び交わない。
だからこそ。日々のレッスンとかでも。
どうせ大人は、こんなもんだ、みたいな、妙な卑下な空気が。ない。

これは、先生たちは無意識かもしれないけど。卑下する空気持たないで、純粋に目の前の人たちに向かいあえる感覚は。


小さなことのようだけど。もしこの記事見てて、習うことを迷ってる方いたら。
大人のみのレッスン、先生自身が、基本的に大人の生徒を担当してる、と最初からうたってる所おススメしたい気持ちです。

フルートと、ピアノ、だったら。

一緒に、同門下 になりましょ〜 😆 。
youtu.be


youtu.be